初めに断っておきますが、
あなたに公開するのは単なる事例集
過去のノウハウではありません。


これからの飲食店経営にとって、絶対に必要な戦略です。

つまり、過ぎた結果を切り売りした後出しジャンケンのノウハウではなく、まだ起きていない未来を予測して計画的に導き出した、これからの飲食店経営の勝ち組のシナリオです。

ですから、現在進行形・・・。
そして、未来進行形・・・。

じつは私のお店も、このシナリオに基づいて経営方針をシフトしました。つまり、今現在の私自身のバイブルが、この戦略なのです。もし「戦略」という言葉が難しい印象を与えるのなら、裏の仕組みづくりとでも言っておきましょう。いずれにせよ、今までの飲食店経営の概念の外の話です。






こんにちは、小さな飲食店を応援する会の前田展明と申します。

私は今、家賃10万円以下の小さなお店を3店経営しているのですが、おかげさまで北九州八幡地区では結構な繁盛店としてご評価をいただいております。
また、同業種の中では多方面より日本トップレベルとのご評価もいただき、数々の業界専門誌・新聞・メディアなどで取り上げられています。


■日経レストラン誌上コンサルティングを担当、各飲食業界専門誌など
■テレビ番組「いちおしの元気企業」へ出演


■株式会社前田家 
代表取締役

■有限会社リベロファクトリー 取締役専務 『ドンナマンマカフェ』 『チャイカフェ』の運営
■小さな飲食店を応援する会 主催 
■中小規模の飲食店の経営指導 セミナー講師 執筆

19歳のとき、宅配飲食店「釜めしもよう」を開業。
当時は銀行の融資斡旋などを受け一時は5店舗まで展開するものの、案の定、経営に失敗する。結局5000万円以上の借金を抱え込み、2店舗は閉鎖へ。2001年〜2002年にかけて業績はどん底状態となり、自己破産寸前の危機状態に陥る。
ところが4年前、ある集客方法を取り入れたことを機に、経営状況は一転しました。
その後の3年間で、当社K店において年間売上げ260%/4668万円を達成。また、今現在50ヶ月以上連続で、前年対比100%以上を継続達成中です。なお、直営店3店の合計では、年間売上げ6000万円以上の大幅アップ!
また、お店の経営以外にも、北九州市において今話題の飲食店経営者として、月刊誌飲食店経営(戦略的プロモーション)
、日経レストラン(顧客戦略)FM KITQへ特別ゲストとしてKBCラジオ経済データ最前線北九州中小企業経営者協会NHK北九州小倉食市食座特別ゲストとして、西日本新聞(まちの会社物語)等で紹介される。

最近は中小飲食店の活性化にも奮闘、そのノウハウ提供者は2年余りで5000人を超える異例の事態に。東芝ITセミナー講師、他講師依頼など多数・・・




ビジネスは、いつだってサバイバル。

生き残るか・・・

朽ち果てるか・・・

「生涯の勝ち組エスカレーターに乗る方法」、それこそが、この「戦略」です。


そして、この戦略には秘密があります。
戦略自体にというよりかは、この戦略が生まれた過程に、ある秘密が隠れているのです。







どうやってお客様と付き合うか・・・

飲食店コンサルタント 松本和彦様


前田さんは、「いかにリピート客を作るか」に大変優れたノウハウをお持ちです。これまでも、前田さんの方法でたくさんの繁盛店が生まれたのを知っています。
今回のマニュアルは、それらの方法がより簡単に、より効果的に、まるで自動集客装置のようにどんどんリピート客ができあがって行く、そんな感じです。

市場規模29兆円あった成長期は店を出すだけで儲かった時代でした。ところが市場規模が5兆円も減り、成熟期を迎えた今は、「どうやってお客様と付き合うか」が一番大切なテーマなのです。それにはリピート客を増やすことが絶対不可欠。そしてこのマニュアルには、そのすべてのノウハウが詰まっています。
また、時間のない経営者や店長のために、すぐに実践に移せるコミットメントシートまで入っているのもありがたいです。私が自信を持って推薦いたします。



松本和彦氏(有限会社プリムス 代表取締役)

自ら開業し繁盛店にまでした実務経験の伴う飲食店コンサルタント。活躍は多岐にわたるが、特にメニュー関連、開業関連、コンテンツ開発などを得意分野に持つ、右脳系コンサルタント。

■著書:飲食店「メニューと集客」の黄金ルール(日本実業出版)

■料理学校の名門・服部学園 講師
■東京モード学園 講師
■産業能率大学 講師
■HSC(ハッピーサクセスクラブ)主催



【断固反対!即刻販売中止を求めます】

飲食店集客コンサルタント 早川雅一様


前田さん、お願いがあります。
このマニュアルの販売だけは止めて下さい。
理由は以下の通りです

理由1:コンサルタントの仕事が無くなって、顧問契約を打ち切られるから・・・

これを公開されたら、コンサルタントはたまったもんじゃありません。
このマニュアルを読めば、コンサルティングしてもらう必要がないので、顧問契約を打ち切られるコンサルタントが増えます。だから販売中止を求めます。

理由2:広告代理店やシステムの販売会社が潰れるから・・・

飲食店から効果ないチラシや広告媒体を売ってボロ儲けしている広告代理店やシステムの販売会社の仕事がなくなって潰れます。だから、即刻販売中止を求めます。

理由3:ネットの情報販売を行っている人が売れなくなるから・・・

くだらない情報をネットで有料で販売する人が増えています。
このマニュアルを販売してしまうと、そんな情報販売をしている人が売れなくなるのでマニュアルの販売の撤回を求めます。

あ、良く考えたら、ボクには被害がないので、販売してもいいかも知れません。。。。
上記の被害にあわない方にはおススメします。



早川 雅一氏(飲食店経営サポート協会 主宰)

スーパー営業マンとして働き、わずか1年で開業資金を貯めて自ら飲食店経営の道へ。
運転資金20万円、技術レベル?スタッフは全員素人というハンデを克服しながら、半年後には同業者が偵察に訪れる程の繁盛店に!


現在はフードビジネス集客研究所の飲食店経営コンサルタントとして、30坪以下小規模飲食店に対して売り上げアップに全力を尽くしている。
得意分野は個人店、数店舗までの小企業の飲食店の売上げアップ。増客カウンセラーであり、しあわせの伝道師。

【著書】
◇おしゃれなカフェのお店をはじめる本(秀和システム)
◇人気のスイーツのお店をはじめる本(秀和システム)







私には2つの日本一があります。

1つは私のお店です。
宅配専門の釜飯店をやっているのですが、とてもニッチな商品、業種の組み合わせなので、ほとんどのライバル店は早々に撤退していきました。現在は日本全国を見渡しても、宅配釜飯の単体で、きちんと商売として成り立っているのはごく少数です。その中でも継続して業績を伸ばし続け、相応の利益を確保している面では私のお店が日本一だと自負しています。(ちなみに統計はないので自称です)

もう1つが、インターネットでの飲食店のノウハウ提供です。
これも統計がないので自称ですが、2位が見当たらないのでトップレベルであるのには間違いありません。
例えばあなたは「メールマガジン(メルマガ)」をご存知でしょうか。日本最大で最も権威のあるメルマガ配信スタンドに「まぐまぐ」があります。そこで【飲食店】と検索してみてください。飲食店に関する経営ノウハウを提供しているメルマガが100誌近くありますが、発行部数を比較すると私のメルマガがぶっちぎりの1位になっています。(↓↓こちらが証拠です↓↓)



ちなみに2位は、私の師匠が発行しているメルマガです。
多少は申し訳ないと思いつつも、ぶっちぎってしまいました。



私がメルマガを発行し始めたのは、2006年の春でした。
当時から飲食店のノウハウを提供するメルマガは多数ありましたので、私は圧倒的な後発組でした。


なぜ後発にも関わらず、私がメルマガを発行したのかお話します。

それは私の波乱万丈な借金まみれの経験や、その後の集客や経営のノウハウが、私と同じ境遇である飲食店経営者にとって有益な情報であると思ったからです。そして、それをお伝えする手段として、メルマガやホームページが効果的だと知ったからです。
ちょっと回りくどく言ってしまいましたが、もっと簡潔に言うと、インターネットを通じノウハウ提供をすることで、ビジネスになることを知ったからです。


当時の私の知識では、メルマガを発行すると、数百人〜千人程度の読者はすぐに集まると思っていました。実際にまぐまぐでは「3000部以上」かつ「2年以上」の発行実績があるメルマガに「殿堂入り」の称号を与えられるのですが、そのようなメルマガが何誌も存在していたのです。

そんな目論見でメルマガを発行してみたものの、いきなり壁にぶつかりました。
読者が3000人、7000人、10000人というメルマガが何誌もあるのに、私のメルマガは100人の読者も集まらないのです。まずはここで、大きな挫折を味わうことになったのです。


当然、ビジネスどころではありません。
ただし、読者数が多いメルマガが実在するということは、大きな励みでもあり目標にもなりました。それらの発行者たちはメルマガを活用して、きちんとビジネスを成り立たせているのも分かったからです。

「絶対に日本一になってやる・・・」

私は決断しました。
それはまだ、メルマガ読者が73人しかいないときでした。

その後、わずか1年ほどで、念願の日本一を獲得しました。

私がメルマガを発行した時点で、すでに15000人の読者がいた飲食店ノウハウ系のメルマガを抜かしたのです。以来、ぶっちぎりで1位を走っています。






インターネットの世界に足を踏み込んで、最初にわかったのは、今まで培ってきた飲食店の経営とはまったく違う世界だということです。全部が全部、一から勉強しなくてはなりませんでした。飲食店での何の経験も活かせないのがインターネットの世界だったのです。

おかげで随分と試行錯誤をしました。
トンチンカンなことを行い、何度も何度も失敗を積み重ねました。

また、後から分かったこともあります。
実は私がメルマガを発行した2006年の春の時点では、メルマガ市場は、すでに衰退期に入っていたのです。ですから、思うように読者が増えなかったのもうなずけることだったのです。


「後発組」かつ「衰退期」。

これらのハンデを抱えながらも、私はインターネットのマーケティングについて学びました。それは飲食店経営のノウハウを学ぶのとは、まったく次元の違うものでした。何も知らない、何もわからないという状況は、ある日突然、まるで言語の通じない外国に一人で放り出されてしまったような感覚でした。
藁にもすがりたい思いを抱えながらも、数々の書籍やノウハウ教材、セミナーの受講、そこからの人脈づくりなど、私ができるあらゆる可能性を模索し、勉強を続けました。

そして今、この時点で、私のメルマガ読者数は日本一です。

ほとんどのメルマガ発行者は、この媒体を通じてビジネスにつなげております。つまり、実数こそお伝えできませんが、メルマガの読者数が日本一(+2位)の私たちがノウハウ提供でも日本一だということは、容易に想定できる話なのです。


インターネットのマーケティングを学び、日本一になって感じたことがあります。

それは、飲食店などのリアル(オフライン)ビジネスのマーケティングと、インターネット(オンライン)のマーケティングでは視点が違ったということです。いや、もっと正確に言うとレベルが違いました。インターネットでのマーケティングのほうが、圧倒的に勝っていたのです。


片や飲食店というのは大昔から存在して歴史があります。
片やインターネットが一般的になったのは、ウィンドウズ95以降のたかだか10数年です。しかも本格的な発展は、まだ10年以内のものと言えるでしょう。

それでもスピードが違います。
進化するスピードというか、新しい斬新的な発想やそれに伴うツールなどが実際に具現化されるスピードがまったく違ったのです。






2つの日本一を達成しながら、私はあることに気づきました。

このインターネットのマーケティング手法をお店の経営に落とし込んだなら・・・。

つまり、圧倒的に進んでいるインターネットでのノウハウをリアル(オフライン)ビジネスに応用すれば、とてつもない仕組みが得られるのではと考えたのです。


最初はつぼみのような小さなアイデアでした。
やがて時が経つにつれ、「○○をこうして・・・」「△△はこれとつなげて・・・」「□□もここに使えるんじゃないか・・・」など、私の頭の中で無限の可能性を感じるようになりました。

久しぶりに体の芯から興奮してくるのが分かりました。
もしかすると今までの人生経験の中で、これほど興奮した瞬間はなかったのではと思うほどです。

そしてある日の深夜、私の思いは爆発します。
ふっと事務所の壁時計に目をやると、時間はAM1時27分。。。
私は高ぶる気持ちを抑え切れず、とうとうある人に電話をしたのです。真夜中の電話だったので、1分近くコール音を鳴らしたところで、もう切ろうか・・・と諦めかけたときでした。

T:「・・・・・・、はい●●です。」

M:「もしもし前田です。」

T:「あーーーどうしました?こんな深夜に・・・」

M:「スイマセン。もう寝ていましたか?」

T:「そりゃあ寝てましよぉ。ところで今、何時ですか・・・」

電話の相手はドン#TAKEKAZU氏です。私のビジネスのよき理解者であり、アドバイザーでもあります。
私は自分の仮説を熱く話しました。するとTAKEKAZU氏は・・・

T:「ここ最近、新しいプロジェクトが始動したところなんですが、前田さんの仮説とまったく同じなんです。ちょうどいま、コンテンツをまとめているところなんですよ」

さらには・・・、「今、外食市場はボロボロですよね。でも、大手チェーンは伸びている。裏を返すと、小さなお 店ほど深刻な状況ですよね。これを打破するには、前田さんの仮説が効果的なんです」

それを聞いて、私はさらに興奮してきました。
私が思い描いた仮説が、別の空間においても進行していたのです。

続いてTAKEKAZU氏はこう言いました。
「前田さんも実感したと思いますが、インターネットのマーケティングは、ほんの少しのコツさえ知ってしまえば、とても簡単に誰でもラクに活用できます。しかも、マーケティングのレベルは一気にリアルビジネスを超えました。だからこそ、それをお店の経営に落とし込んでいけば、たとえ個人でも勝ち組になれるんですよ」

「よし。これはいける」。
正直言って、そう思いました。

M:「やはりそうですよね。TAKEKAZUさん、もっと詳しく話ができないですか?」

T:「OKです。飲食店の生き残りのマーケティングを一緒にまとめましょう。いつならこちらに来られますか?」

M:「今から行きます。いや、朝一で空港に行くので、チケットが取れ次第そちらに飛びます」

T:「相変わらず、いつもダッシュですね・・・(苦笑)」

さっそく私たちは、その日から行動を起こしたのです。
私もTAKEKAZU氏もすべての予定をキャンセルして、2泊3日の合宿を行いました。あらゆる可能性を吟味して、今後の飲食店の経営戦略の骨子をまとめあげたのです。






「後発組」かつ「衰退期」からインターネットビジネスに参入しても、私は勝者になることができました。
それはマーケティングを勉強した結果ではあるのですが、改めて振り返ってみると特別大げさなことや複雑な仕組みがあったわけではありません。私が短期間で勝者になれたのは、ほんの少しのコツと単純な仕組みを正しく理解したからです。

それは大手チェーンばかりが伸び続け、市場が縮小している飲食店経営にも応用できるコツと仕組みです。それではここで、外食市場の現状を確認してみましょう。

■1997年の29兆円をピークに市場は衰退している。
■10年間で約5兆円(−18%)が市場から消失している。

(出所:外食産業総合調査研究センター)



■但し、上位100社は市場シェアを13%→20%へ急速に拡大。
■売上げ額も3.7兆円→5兆円へと35%ものアップ。

(出所:外食産業総合調査研究センター)


すなわち、弱肉強食市場へと大きく変貌を遂げたのが、この10年になります。
101位以下の市場(つまり私たちの市場)では6.3兆円が消失し、−25%の縮小があります。そして87%あった市場シェアも、80%を切るところまで来ているのです。



■店舗数は1991年の84万6千店がピークで、その後は減少傾向。
■微増と微減を繰り返して、2006年は78万8千店に。

上の表から、市場規模の縮小と比較すると、店舗数の減少はなだらかになっています。
ということは、裏を返せばライバル関係が激化しているという確固たる証拠です。その顔ぶれも、同等規模のお店や個人店が相手ではなく、大手チェーンがライバルになっているということです。



20XX年!さらなる市場の縮小と二極化に備えなくてはならない。

金融危機や経済問題などからサラリーマンの所得は抑えられ、かつ物価高による生活への締め付けが懸念されています。そのため家計では消費を極端に抑え、たとえ外食をするのでも安価な大手チェーンに流れる傾向が強くなってきます。
現在は24兆円で下げ止まった感がある市場ですが、利用者の減少と客単価の低下が重なれば、20兆円規模まで衰退してもおかしくありません。
また、アメリカの外食市場は、大手100社において60%ものシェアを獲得しています。
日本の市場はそこまで極端では無いにしても、今後の5年、10年単位では、大手100社で40%近くまでシェアが増えるという見方もあります。







その昔、私たち飲食業界の繁栄は、日本の高度経済成長に支えられていました。

戦後、まずモノが何もない状況から復興した日本では、常に食というテーマは消費者の欲求の中心となってきました。需要が有るのにモノがない状況で、まさに飲食店は、その需要を担っていたのです。

需要が高かった時代、供給するお店があれば商売は成り立ちました。また、情報が不足していたので、情報の告知(すなわち広告)によって、お店の集客はできました。
やがて高度経済成長は終わりましたが、その後も中流階級意識やブランド志向など、さまざまな飲食店の需要が生まれ、そして成長し続けてきたのです。

それが1997年まで・・・です。

そして1998年以降・・・が、まさしく“今”なのです。

ここでちょっと、ある飲食店の顧客分析結果をお伝えします。
あなたが飲食店の経営を続けるにあたって、とても興味深い結果になっています。



このデータは、ある宅配飲食店における利用客のデータです。 
1年間の顧客の利用回数別の分布になっています。

1年間に1回だけの利用者が、全体の63%もいます。
1年間に2回の利用者は、全体の17%になっています。
1年間に3回以上の利用者は、全体の20%だけとなっています。
1年間に7回以上の利用者は、ほんの微々たるものです。

一般の飲食店では顧客の利用状況を正確に把握はできませんが、宅配飲食店では注文時に顧客データを100%獲得できますので、注目すべき貴重なデータです。



同じデータを売上げに換算すると、このような分布になります。

1年間に1回だけの利用者は63%ですが、売上げに換算すると31%となります。
1年間に2回の利用者は17%で、売上げ換算でも17%になります。
1年間に3回以上の利用者は20%でしたが、売上げに換算すると52%です。

わずか2割の顧客で、半分以上の売上げがあるのがわかりますね。



次のグラフは、前回の利用日からのリピート周期の分布になります。


前回の利用履歴のない新規客は、25%ラインで徐々に微減をしています。
もっともリピート率の高いのは、前回の利用から30日以内の顧客です。
60日以内の顧客も同様のリピート率があります。
前回の利用から61日以上経過すると、極端にリピート率は減少します。

リピーターの獲得は、60日以内が1つのポイントなのがわかりますね。







商品にライフサイクルがあるように、ビジネスにもライフサイクルがあります。

一般的にビジネスや商品は、導入期⇒成長期を経て市場に浸透して行きます。そして成熟期が訪れます。その後ピークを過ぎると衰退期に入り、徐々に市場が縮小していったり、別の市場に移行していったりすることになります。

市場が衰退する速度は、成長してきた速度に比例すると言われています。
つまりブーム商品ほど短命で、一気に市場が盛り上がりますが、同様に一気に衰退していきます。あなたも知っている代表的なものとしては、初代の「たまごっち」などがあります。また、数年前の飲食業界では、「ジンギスカン料理」などが瞬間的なブームで終わった代表と言えるでしょう。

ここであなたのお店の状況を確認させてください。
まだ開店してから3年以内である。
継続して業績を伸ばしている。
かつ十分な利益を獲得している。

もしこの3つの条件を同時にクリアしているなら、あなたのお店はとても恵まれたステージにあると言えます。

高度成長期において会社の寿命、すなわちビジネスの寿命は30年と言われてきました。ずいぶんと時がなだらかに流れていた時代の話です。
ところがテクノロジーの進化が進み大量に情報が溢れる時代になって、30年などという長期的なビジネスの展望は持てなくなりました。それでは、どのくらいが寿命なのかと言うと、私の考えではわずか6〜8年です。

実際に私自身も7年目で地獄を味わっています。



最初の3年は導入期〜成長期(成熟期前半)で、自己実現型の経営ができる。 

毎日が楽しい。発見の連続である。
勢いがある。加速をする。
成長カーブに乗る。

つまり商売が軌道に乗りピークを迎えるまでの時期が3年。売上げが継続的に伸びていって、利益が大きく増えるときです。
元々商売を始めたときの思いや目標も明確になっていて、自己実現のためのやりがいに溢れているのが、この時期です。



後半の3年は成熟期後半〜衰退期で、生活維持型の経営となる。

義務感で働く。生活の一部である。
一生懸命踏ん張ってしまう。減速してしまう。
衰退カーブに突入する。

商売が縮小していき、やがては身動きが取れなくなってしまうのが後半の3年。
毎年売上げが前年対比を割り続け、どんどんと利益を圧迫して、抱えている固定費が大きな負担になってきます。
自己実現という目標は消え去り、生活のためだけに経営を続けることになり、毎日が恐怖との共存です。



現在ステージは終焉させて、お店の再活性化を図ることが重要。

もしもビジネスのライフサイクルが6〜8年だとすると、自然の摂理には逆らえない。
既存の商売の延長線ではなく、その上に次の成長カーブを作り出す。
いつまでも固執していると、真綿で首を絞めるようなことになる。

一つの終わらせる決断が、未来を切り開くことになります。
たとえ今うまくいっていても、そのまま3年も経つと同じような結果が出なくなります。
5年も10年も同じ意識で商売をしていては、どんどんと深みにハマってしまいます。







あなたも感じているように、私たちに追い風は吹いていません。
いつも逆風を感じながら、地に足をつけて踏ん張っているような状況ですよね。

様々な角度で分析をしてきましたが、ここまでで主導権を握っているのは、いったい誰でしょうか?

それはすべて、「あなた以外」です。

実はあなたの商売の主導権を握っているのは、あなた自身ではなくて、市場であったり、大手チェーンであったり、消費者やお客様であったりするわけです。これが現実です。今のお店のポジションなのです。

さて・・・、あなたは何を感じますか?


今、私自身が最も真剣に取り組み、そしてあなたにお伝えしたいのがここなのです。

あなた自身がお店の経営の主導権を握り、継続した売上げアップと利益の拡大を実現させるのが、これからの「勝ち組の戦略」になります。
市場の動向や大手チェーンの横暴、時には消費者やお客様のトレンドにも影響されず、飲食店経営者自らが主導権を握ることが重要なのです。

そこであなたは、ご自身が主導権を握ることで得られる、数々の魅力について知らなくてはなりません。
例えばあなたが主導権を握ると、次のようなことも可能になるのです。

時給750円のパートさんが、毎月毎月100万円以上の売上げを作る。

私のお店では毎月1200人以上にお誕生日のDMを送っています。
その作業すべてを時給750円のパートさんが行っています。
そこから得られる売上げが、毎月100万円以上になっています。

ここでは例としてお誕生日DMのお話をしましたが、私のお店ではさまざまな仕組みによって、できるだけお店側が主導権を得るようにしています。



ボタン操作3分で、60万円以上の売上げを作る。

600件のFAX番号リストにお店のご案内を送信。
何と34%の反応率で、わずか1週間で60万円以上の売上げを獲得。
送信する手間は3分、送信コストは6000円。(広告コスト約1%)


これらの事例は、以前から私のお店で実施していたことです。
ただし、あくまでも飲食店の経営スタンスの範囲内だけで考えていた施策でした。これはこれで今でも有効でありますし、現在も私のお店で使われている集客活動であります。


今回あなたにお伝えするのは、この上のステップの「勝ち組戦略」です。

今までの飲食店経営の概念の範囲内だけではなく、その枠の外側にある新しいマーケティング戦略です。

あなたはこれから、自分のポジションをご自身で確立していく必要があります。あなた以外が主導権を握っている市場原理の中で、わざわざ波に揉まれて、もがき苦しむ必要はないのです。

ルールはあなたが勝手に作る。

これこそが、これからの「勝ち組戦略」なのです。

あなたは今日の決断で、今までと違うステージへの一歩を、確実に踏み出すことができます。

あなたはもしかすると、未知のステージへの不安をお持ちかもしれません。
しかしそれは、まったく無用なことです。なぜならば、あなたが未知のステージと思っていることは、じつはすでに未知ではないからです。







「あなたの頭の中には様々な情報が埋もれています。」

ですから本当はすでに知っているのです。
ただ問題なのは、頭の中は端のない無限の世界だということです。そのせいで、知ってはいるが、
その有効性や活用方法について正しく整理ができていないだけなのです。

今日のあなたの決断は、頭の中でバラバラに散らばった無数のパズルを、順序を追って1ピースずつ
完成させていくことでしょう。


この「勝ち組戦略」の全貌を知ったとき、あなたのモヤモヤした気持ちは、一瞬にして晴れやかに澄みわたって
いくことになります。




今ここに挙げたのは、あくまでも一つ一つのパズルでしかありません。

私のお店が推進している「勝ち組戦略」では、これらのパズルを順序立てて理解することで、市場やライバル店の影響を受けない、お店主導型の飲食店の経営戦略が完成するのです







私は19歳のとき、ワクワクする気持ちで自分のお店を持ちました。
それはきっと、あなたも同じだと思います。あなたは大きな夢と希望に満ちあふれ、そして少しばかりの不安も抱え、念願叶って自分のお店を持ったのではないでしょうか。

商売には紆余曲折があります。私が味わった7年目の挫折のときは、5000万円以上あった借金地獄から逃げ出したくて、もうお店の経営を投げ出そうかとも思いました。

でも、諦めないで良かったです。
あの苦しみを乗り越えたからこそ、今の私があります。


これからも困難の連続かもしれませんが、商売というものには、失敗こそあれ“負け”はありません。
もし商売で負けることがあるとするならば、それは、自分自身が諦めて、可能性のある未来を投げ出してしまった時ではないでしょうか。


それではあなたに、私の未来を公開します。





さらに今なら、あなたに最大限の効果を発揮していただくための特典を準備してあります。

「飲食店サバイバルマニュアル」の内容を120%理解して、あなたのお店の利益として換金していただく
ために、私からの強力な贈り物を活用しまくってください。




【限定DVD無料プレゼント】

現役飲食店オーナーの前田展明がマーケティングプランナーの平川雅之氏を迎え、中小飲食店における「勝ち組戦略」とも言えるサバイバルマニュアルの全貌を、余すことなく解説しています。

この収録のために要した時間は、延べ17時間超。
白熱したロング対談は、2人の熱き息づかいまでもリアルに感じることができます。

このDVDには、マニュアル本の中に書き記すことのできなかった「勝ち組戦略」の背景や、その次にやってくる大きなチャンスの活かし方まで収録されています。
あなたのお手元にマニュアル一式が届きましたら、マニュアル本をお手元に置き、こちらのDVDをからご覧いただくのが、最も効果的なサバイバルマニュアルの活用術です。

◆マニュアル解説DVD(2時間32分):前田展明×平川雅之
◆15,600円相当⇒マニュアル購入者全員に無料プレゼント









私たちが心から応援したいのは、まず実践する人です。

そのためサバイバルマニュアルの追加特典は、コレクター用にはご提供できません。

追加特典は成果を加速させるものですので、実践者だけに無料でご提供いたします。





◆熱海合宿・音声ファイル(60分):前田展明×平川雅之×TAKEKAZU
◆5,800円相当⇒実践者に無料プレゼント(マニュアル購入後に入手方法をご案内いたします)






◆マニュアル解説・音声ファイル(2時間32分):前田展明×平川雅之
◆7,600円相当⇒実践者に無料プレゼント(マニュアル購入後に入手方法をご案内いたします)






◆実践する人の成功を、私たちは応援します。
追加の無料特典は、まだまだ続きます。






ただし・・・




誠に恐縮ですが、このマニュアルは「絶対に、絶対に返金できません」。

今まで私たちが提供してきたマニュアル類は、ご購入者様の満足度を保証するため、ご満足いただけなかった場合の返品、返金には無条件で対応してきております。しかもその原則は、365日もの長期にわたった返金保証となっており、これ以上の安心な保証はないのではとも自負しております。

実際、このシステムにより安心してご購入いただけていると思いますし、それゆえに日本一のノウハウ販売の実績を得ているのだと感じています。

でも、このマニュアルだけは、どうしても返金できません。


どうしてかと言うと、その答えはとても個人的な理由です。先ほどもお話ししましたが、このマニュアルでは、私のお店における今後のビジネス戦略を、そのまま丸ごと暴露してしまっているからです。つまり、現在進行形・・・。そして未来進行形なのです。

ですから、私自身もスタート台に立って間もない状況です。すなわち、多くの人に公開してしまうことで、私は強力なライバル店を自ら作り出してしまうことになりかねないのです。



「だったら、わざわざ自分の首を絞めるようなマニュアルは販売しなければいいんじゃない?」と、あなたは思われるかもしれません。
たしかにおっしゃる通りです。私も自分だけの利益確保と私が果たすべき役割のハザマで相当悩みました。
しかし、私を信頼してくださる方がいる以上、果たすべき役割を放棄してはいけないと決断したのです。

だからこそ、いつも私を信頼くださっているあなたにご案内することにしたのです。
ですので、もしもご購入に不安を感じるようでしたら、今回ばかりは絶対に購入はしないでください。







総額29,000円相当の特典付き (配送版限定:A4版全143ページ)


 第1刷 先着150冊限定価格  終了
 第2刷 先着150冊限定価格 19,800

 

 

※製本版ならびに特典の発送は日本国内に限りますので
海外からの製本版のご注文はお受けできません。














最高250%を達成!

京風お好み焼き・鉄板焼き
ついてる本舗 春日井本店 大上オーナー様


私のお店の数字が大きく変化したのは、マニュアルの中にある「魔法の損益計算書」に出会ってからです。
「利益が0でもOK」「でも、じつは利益は必ずついてくる」というシンプルかつ斬新な考え方は驚きでした。普通の経営感覚では到底信じられない考え方に自分を変え、行動したことにより驚くほどの好実績が出ています。
一度きっかけをつかんだあとは、50週連続前年売上げ対比をクリア―し、平均146%を達成しています。中でも爆発的だったのは、250%を達成した時でした。
今後も『サバイバルマニュアル』を活用することで、さらに売上が向上することを確信しています。



ついにライバル店が撤退しました。

中華料理とんとん 福島オーナー様

今の私は何か一つのアクションを起こすと、必ず変化が起きるということを実感しています。
以前から、売上げを上げたい、利益を増やしたいという思いは人一倍強かったのですが、なかなか行動に起こすことができませんでした。仮に行動を起こしても、単発で終わってしまっていたのです。
ところが『サバイバルマニュアル』に書かれている、お店の集客の仕組みや利益を増やしていくステップを理解したことで、毎日の経営にメリハリが持てて、とても意欲的な行動へと変わっていきました。
今は特に別業態のほうに力を入れていて、2007年〜2008年度は前年対比で140〜150%はあたり前のようになり、ついにはライバル店を撤退させるまでになりました。
その後は180〜200%で推移するようになり、最高で268%も実現させました。



仕事の延長・・・・!?

財務コンサルタント・ファイナンシャルプランナー
有限会社 高富プランニング 代表取締役 小室 岳様

私は仕事柄、100名以上の中小企業の経営者にお会いしてきました。
たくさんの中小企業の経営者と深く関わってきた私が感じたことは、皆さん残念ながら「仕事の延長」で経営をしていることです。
中小企業の経営者は、自分の過去の経験と「腕(技術)」を頼りに経営していきますが、皆さんやがて行き詰ります。業績が頭打ちになり、やがてマンネリ経営に陥ります。
「仕事」と「経営」は全く別物なんです。

さて、「飲食店サバイバル・マニュアル」・・・・前田さん、お見事です。

多くの失敗は「気づき」というスパイスで「経験」という名の財産に変わり、そして成長という名の階段を駆け上がる原動力となります。
中小飲食店の経営者が読み進めていくにつれて、「あ、自分は今この状態なのか」という気づきを与えてくれることでしょう。そしてその気づきは経営者にとって、かけがえの無い財産へと変わるはずです。
「仕事」から「経営」へシフトチェンジするための素晴らしいマニュアルです。











Q.

私は前田さんを十分信頼していますが、本当にお店の収益が増えるようになるんでしょうか?毎月資金繰りに悩まされているので、無駄な出費はしたくないのですが・・・。

A.

おっしゃる通りです。よーく理解できます。 
ですから、あなたが無謀な投資だと思うのでしたら、購入はご遠慮されたほうがいいと思います。
ただ、ビジネスを伸ばすのは効果的な投資の繰り返しでしかありません。仮に1万円の投資ならば、まずは1万円の回収ができた段階で無駄な出費ではないわけです。
もしもあなたが、宝くじを当てるようなローリスク・ハイリターンをお考えであれば、永久的に次の一歩を踏み出すことなく時ばかりが過ぎ去ってしまうでしょう。



Q.

私は今までも、多くの書籍を読んだり、前田さんのマニュアルを購入したりして勉強をしてきました。でも、自分のお店にピッタリ合う方法が見つからず、時間ばかり過ぎています。
今回のマニュアルは、私のお店でも使える戦略ということでしょうか?

A.

もちろん使えますと答えたいところですが、正直言ってお答えに困ります。
商売では「上りのエスカレーター」に乗るのが重要だと言われています。ちなみに私は、上りも下りもどっちにも乗ったことがあります。乗り心地が快適なのは、もちろん上りのエレベーターです。
ある人から教わったのですが、経営者に必要な資質は素直さだそうです。「でも・・・」「だって・・・」「うちの場合は・・・」は、経営者としては命取りです。90%のまやかしに惑わされて、10%の真実を見極めるチャンスを見逃さないでください。



Q.

私は今までダウンロード(PDF)版を利用することが多かったのですが、今回のマニュアルは、配送版だけの販売なのでしょうか?

A.

はい。サバイバルマニュアルは、今のところ配送版のみの販売となっております。
ダウンロード(PDF)版の場合、どうしても情報の機密性に心配が残る面があります。本文でもお伝えいたしましたが、この「勝ち組戦略」は、これからの私のお店の経営戦略でもあります。つまり、現在進行形で取り組んでいる貴重な情報なので、より機密性を確実なものとするため、配送版のみのご提供とさせていただいております。



Q.

私のお店は問題が山積していて、どこから手を付けていいかわかりません。毎日毎日焦りが増すばかりですが、何から解決したほうが良いのでしょうか?

A.

山積している問題を頭の中だけで抱えていると、混乱の迷路にハマってしまいます。その場合、まずは問題を整理することが重要です。すべての問題を、紙に書き出してみたらいかがでしょうか?
例えば「売上げが足りない」「売上げが少ない」という抽象的な問題ではなく、1日何客の集客が必要なのか、具体的な数字に転換したらいいと思います。1日たった1客の集客でも、1ヶ月経てば30客になります。1日2客なら、60客の集客です。
難しく考えるのではなく、小さな問題に分解して対処すればいいでしょう。










本日は私のWEBサイトにお立ち寄りくださって、ありがとうございました。
あなたにとって何かしらの気づきは得られましたでしょうか。少しでもあなたのお店が繁盛するお役に立てたのでしたら、私にとっても大きな喜びであります。

さて、この「勝ち組戦略」は、私自身が同じスタート台に立ったばかりということもあり、あまり多くのライバル店を増やしてしまうのは本意ではありません。

そのため、販売された数量によっては大幅な価格変更をすることがあります。また、予告なく販売を中止することもありますので予めご了承ください。

あなたのお店の次のステップは、あなた自身で踏み出すしかありません。
そのお手伝いとして、あなたが何をやればいいのかは、私がマニュアルで公開しています。
商売の中で迷っている時間は何も生みだしません。その時間も、あなたにとっては大きな損失であることは確かです。

一刻でも早く、私と一緒に繁盛店への第一歩を踏み出しましょう。


小さな飲食店を応援する会

大逆襲飲食店オーナー







総額29,000円相当の特典付き (配送版限定:A4版全143ページ)

 第1刷 先着150冊限定価格  終了
 第2刷 先着150冊限定価格 19,800

 

 

※製本版ならびに特典の発送は日本国内に限りますので
海外からの製本版のご注文はお受けできません。
















弊社に情報をお送りいただける場合は
下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせていただきます。

特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー


Copyright © 2008 All Rights Reserved by tiisanainsyokuten wo ouensurukai